Category Archives: 2010.04.29 Ecuador

Protestors + Copious Debris = A Long-Ass Bus Trip (Part 2)

May 12, 2010–Saraguro, Ecuador  5月12日 サラグロ、エクアドル

After passing through the protestors and over their fallen trees, rocks, tires and other debris, we had come to what seemed to be the end of the road.  Even the pick-ups couldn’t pass the road blocks.  We walked for a mile or two, but at every curve in the mountain road, only pavement lay before us.

結局戻ってくるはずのピックアップ車も同じようにブロックされてしまったため乗り継いでいく方法もとうとう閉ざされてしまった。
唯一残された徒歩という手段で2,3km歩いてみたが、延々と続く山道を見て途方に暮れた。

We had given up.  There was talk of returning to first blockade to wait things out.  Then, out of nowhere, a caravan of police buses filled with riot police appears.  ?!?!?!  Following not far behind was a pick-up, which we caught for a ride to the next town, a 15 minute ride. 

やっぱりバスまで戻ろうか、と誰かが言い出した時10台ぐらいの大型バンに乗った警察隊が我々の前を通り過ぎた。
その警察隊の後にはピックアップ車が続き、私たちは幸いにしてその車に乗ることができた。

Once we arrived, again out of nowhere, the same caravan of riot police came rolling in behind us on the same piece of road they had passed not a few minutes before.  Apparently, the protestors weren’t giving in and the police, deciding not to use force, called it a day.  Regardless, I jumped at the opportunity I saw before me and asked the driver of one of the police vans if we could catch a ride.  A thumb pointing to the empty seats behind him told me all I needed to know.  We were now ON the riot bus.  I convinced my friend that helmets left behind were up for grabs.

着いた後間もなく同じ警察隊が現れる。インディヘナの住民たちが対抗をしつづけ、警察隊が暴力を用いず今日は諦めて戻ってきた。これがチャンスだ。「乗せてくれないか」と聞いたらデモ隊の運転手が親指で後部席を指し許可を下した。デモ隊のバスに乗っちゃった。エクアドル人の同行者にそこら辺に放置してあったデモ隊専用ヘルメットを被せてみる。

Meanwhile, the police had set out to clear the road that had been re-blocked in the few minutes since they had cleared it last.  Irritating, no doubt.

その間デモ隊が出動し、数分前に解体したブロックを再び処分している。イラダツに違いない。

The demonstrations entailed chanting, drum beating, occasional fireworks, and the waving of the indigena flag.  Very peaceful.  At this road block a predominantly teenage group held a sign as they stood atop the pile of wood, steel and mud blocking the road: “Youth Fighting for Their Life”.

ここでイディヘナたちがドラム伴奏で歌を歌い、時々花火を打ち上げて抗議をし続けるが、平和的です。デモの主体となる少年少女が、泥と鉄で出来たブロックの上にのぼり、「生活のために戦う青少年たち」と書いてある板を持っている。

A few minutes down the road, amidst police talking of “indi-feos”, a derogatory term for the native population (officially called indigenas, or indians in English), all the sudden, BOOM!!! a huge rock thrown off a roadside cliff strikes the roof of our bus.  The police don’t leave any helmets or shields behind this time.  In a few seconds, we were surrounded by the sound and smell of tear gas being launched into the nearby mountains.

このブロックを通り過ぎて、インディヘナに対する警察の差別的な言葉が飛び交う中で突然「ドーン!」と道端の崖から落とされた巨岩がバスの天井に命中する。再びデモ隊が出動するが、今回は全員がヘルメットをきちんと着用している。数秒後に催涙ガスのにおいと山の奥へと発射される音に取り囲まれた。

Young males on the surrounding mountains, nearly escaping the reach of the tear gas, taunt the police below as they continue to throw rocks.

高くそびえる崖の上に立つ若い男性が催涙ガスが届かないうち警察に石を投げ続ける。

A few reporters who stayed behind in the bus began burning matches and paper to clear the tear gas that had begun to fill the bus.  The burn didn’t go away, but it smelled nice like matches.  😉  After a 10 minute battle, which took several police high into the hills on the trail of the indigenas, we were on our way again.  There was an obvious tension in the bus as we set off, but as soon as the driver turned up the radio, the blaring sounds of new latin pop seemed to ease all on board.  It was a smooth ride the rest of the way. 

バスの中に残った数人の記者がマッチや紙を燃やしバスに充満する催涙ガスを無くそうとする。マッチのいい匂いはしたが、ガスの染みる痛みは相変らず。10分をかけて警察が山にのぼりイディヘナを追い散らした後、町の方へまた出発した。緊迫した空気が一時つづいたが、ドライバが流行のラテンポップスを爆音で流し始めて一瞬にして緊張が解けた。後の道程はスムーズだった。

The online community paper of Saraguro, the Saraguro Flash, reported that the tear gas didn’t faze them.  They also talked about the many who had to take long walks to arrive in their destination.  It was a long day.

サラグロの地方新聞では当日の出来事について、催涙ガスはなんてことでもないと報じた。そして、その日たくさんの旅人が長い時間をかけて歩いて目的地に着いたと書いてあった。確かにナガい一日でした。

1 Comment

Filed under 2010.04.29 Ecuador

Protestors + Copious Debris = A Long-Ass Bus Trip (Part 1)

May 11, 2010–Saraguro, Ecuador /2010年5月11日 サラグロ、エクアドル

Kaori and I escaped the rain trap some call Baños and caught an overnight bus headed to Loja, which is closer to one of the safer Ecuador-Peru land borders, Macara.  Things were going smoothly.  We stopped at a truckstop-style diner for a meal.  While there we were able to enjoy pictures of Jesus and local artists who, despite misleading titles given on the posters, were not singers, but strippers.  Wonderful.

雨の続くバーニョスから逃げるようにロハ(ペルーとの国境付近)行きの夜行バスに乗った。移動は予定どおり順調に進み、途中夜10時頃ご飯休憩で車を止めた。私たちは出発前にリゾットを作って用意してきていたので何も食べなかったけどみんながご飯を食べている間、レストランに貼ってあったポスターを楽しんだ。キリストの隣には売れない地元歌手、いや歌手じゃないストリッパーだった。本当はもっと写真撮りたかったけど店のお姉ちゃんの視線が気になりあえなく断念。まあとりあえず面白かったって事。

Dozing off after our nice meal–actually, we ate a bean and rice goop that we had made and brought along with us–we awoke to find that we had been stopped dead since 12 midnight the night before.

休憩時間も終わり席に戻ってしばらくすると眠りについていた。どれぐらい寝てたんだろう、3時間ぐらいかな。目が覚めたときにはまたバスが止まっていた。え
?トイレ休憩?いや違う、前後を見渡すとかなりの行列、ああー混んでるんだなーすごいな、夜行でも混むんだ。って思ってた。
でも事態は違ってた。隣の乗客に聞くともうかれこれ深夜12時前から止まってるんだって、ええぇぇ~?!   

Not only were we unable to proceed on to Loja, but because of blockades that had been built in behind us, we weren’t even able to head back to Cuenca, the nearest city.  Locals using tractors continued to add to the pile of trees and rocks that blocked the road.  Others worked in earnest to knock large things off of mountains and onto the road. (You can see all of this below if you look closely!)

正体はこの付近に住む先住民インディヘナによるデモだった(またですか)、バスから50mすぐ先には丸太や石が積み上げられていた。ここから一番近いクエンカという町まで戻れば良いとも考えたが、そこに行くまでにも数箇所おなじようなブロックスポットがあるから結局完全に道を塞がれてしまったことになる。

Listening to radio reports we were able to glean the following bits of information: 1) they wanted control of the local water that was in danger of being sold off to big banana plantations, 2) there were at least 5 major blockades in place between here and Loja, 3) they weren’t giving up any time soon.

ラジオで得た情報は以下のような内容だった。
①彼らは大きなバナナ農園に売り払われる危険にある生活用水を自分たちでコントロールしたい。
②彼らはここ(我々がいる場所)とロハの間に少なくとも5箇所以上大きなブロックを設置した。
③彼らはすぐにはギブアップする気はない。

We were stuck.  And hungry as our food had gone bad overnight.  Word was that the police weren’t even coming.  The bus had been parked on the highways for over 15 hours.  We all felt like this…

持っている食料も時間とともに悪くなってしまったし、もう水も無くなった。。。聞けば警察もまだ来る気配無いみたいだし、バスもストップしてから15時間以上が経とうとしてる、周りも苛立ちを隠せない様子で、まさにこんな顔

So, we picked up our packs and along with two new friends started walking towards Loja.  We had been told we could catch pick-ups along the way and eventually make it to Loja.  If we were lucky, we could get there before nightfall.  That has to better than spending another night on the bus, right?

このままじっとしている訳にもいかないので荷物を持って同じくロハに向かう現地人二人とともに4人で脱出作戦を進めることにした。今出発して順調にピックアップ車を乗り継いでいけば暗くなる前にはロハに到着することができる、そうしないとこのままじゃあと一日何もなしでバスの中で寝ないといけないもんね、それは無理でしょ。。。

We passed through the center of the protest–Saraguro, a city “in the Metropolitan Revolution”–with no problem.

サラグロというデモを行っている中心部を何とか無事に通り過ぎたが、

However, after passing through Saraguro, we found that the blockages were so complete even pick-ups couldn’t make the journey.  In one word: STUCK.

そこを過ぎた所からあると聞いていたはずのピックアップ車がない。。。また戻ってくるだろうと思いまたここでしばらく待ち。

TO BE CONTINUED…

Leave a comment

Filed under 2010.04.29 Ecuador

To the Baños!!

We headed south from Otavalo, a tourist trap just north of Quito, to the small town called Baños nestled between towering mountains and situated at the foot of the massive Tungurahua volcano.  Baños, by the way, literally means “Baths”.  The baths are on the list for virtually every Japanese tourist, we couldn’t pass up the chance to warm ourselves after a week of cold nights in Quito.  I was excited to do some more volcano climbing.  I can imagine that the volcano would have looked something like this, had I made it to the top.

土曜市で有名なオタバロ(キトから北に片道2時間弱)から戻ると次は南に位置する“バーニョス”へ移動した。“バーニョス”とは英語で“BATH”の意味で、日本語では“お風呂”=“温泉”っていう意味。日本人だし「やっぱりお風呂に浸かりたい!」とベンに訴えプランには無かったけど来ちゃいました!またここの温泉がいい理由は、そのロケーション。気候も温かく、山を見ながらの露天風呂。最高じゃないですか!! また近くの火山は3時間ぐらいで登れちゃうとかで、それも楽しみ♪

But it was raining for the full three days we were there, so the Baños looked a lot more like this, instead…

が、またもや雨。。。なんでや。 きっとその火山を上ったらこんなんだったろうと想像写真をアップ。

Oh, well.  I’m sure there is more excitement to come…

結局ここバーニョスでは露天風呂の写真も町の写真も撮るのを忘れ、辛うじてあったのが雨が降る中部屋で暇しているベンの写真のみ。でも宿泊した部屋は個室(トイレ・バス・TV・ネット付)で5ドル/人でかなり満足でした☆

Leave a comment

Filed under 2010.04.29 Ecuador

May Day in Quito

May 1, 2010–Quito, Ecuador / 2010年5月1日 キト(エクアドル首都)

Early on the morning of May 1st, we were awoken to the sound of trumpets, drums and cymbals.  When I stuck my head out of the window, I could see down in the plaza below there was a religious ceremony underway, so we went down to check it out with our friend, Juan, one of two live-in workers at our hostel.

5月1日の朝はセントロ(中央)広場からのトランペットやシンバルの激しい音で目が覚めた。窓を開けると大きな人だかりができていた。宿のスタッフでありすっかり友達になったJUAN(ファン)に聞くと皆メーデーを祝ってるという事で早速3人で見に行った。

The statue of Jesus bearing the cross that is permanently housed at the local market made an early morning trip to the church, but was back by lunch.  All the while, a worker’s rights protest was being held in the plaza in front of the church.  Juan had convinced us that we should go check it out.  Yesterday, we had inadvertently experienced teargas carried by the wind from another protest, so what’s a little more, right?

十字架を抱えたキリスト像は教会近くのローカル食材市場内(なぜ?)に安置されており、この日は早朝一旦教会に移動して、昼前には元の場所である市場へと戻されていた。(安置する場所が逆なような気もするが、まあいいや)

と思えばそのメーデーを祝っている教会前広場では労働者達が労働の権利を巡って抗議を訴えている場にも遭遇した。何て忙しいメーデーなんだろうね。でも催涙ガスはもうごめんだから(結局何もなかったけど)。

After we’d had enough of listening to the bullhorns, we headed to the vendors just outside the plaza for some fresh fruit.

抗議の声を十分に聞いた後は、屋台のフルーツサラダでひと休み♪

Satisfied, we continued into town to find a demonstration in front of the President’s Residence, as well.

お腹を満足させた後はすぐ近くにある大統領官邸へと向かったら官邸広場でも同じく大規模なデモが行われていた。

Cops, of course, are everywhere, many in full riot gear.  But at the same time, the canine force is doing tricks for the crowd just 50 meters from the Presidential Residence.  Just how used to riots are Quitenos?

武装した警察部隊が必死にデモも鎮圧させようとしている中、官邸広場から50mぐらい離れた所では警察犬が私たちに芸を見せてくれた。

As we continued on, fresh graffiti from the morning marches littered the walls of the main streets.  You can see on the two-tone wall where the last batch had been painted over.

さらに進むと早朝教会広場でデモを行っていた労働者達が町中の壁にそれぞれの怒りをスプレーでぶちまけていた。

Enough with all the politics.  Let’s go mask shopping!

デモはもう十分って事で、次はショッピング!

Leave a comment

Filed under 2010.04.29 Ecuador

The Town, Quito

April 30, 2010–Quito, Ecuador / 2010年4月30日 キト(エクアドル首都)

For the week we’ve been in Quito, it’s rained nearly every single day.  We expected the same today, as we set out to go sight seeing.  However, as we climbed the towers of the Basilica del Voto Nacional, the skies opened up and the sun poured down on us.

キトに着いたのはいいが、ほぼ毎日雨。。。ずっと外出しないのもつまらないから今日は二人で市内観光に出かけた。どーせ雨だろうと思ってたけど、バシリカ(教会)・デル・ヴォト・ナシオナルのタワーに登った時には晴天に!!イェイ☆

On our way to the Basilica, as we were climbing the steep streets of Quito we started to feel a burn in our chests.  At first, we figured it was auto exhaust, but when the burning started in our noses and then on the skin of our faces, we knew something was wrong.  We hurried into the church almost out of breath.  The guy at the door, said he was “used to this”, but I still didn’t know what “this” was.  But after leaving the church, we noticed a large number of riot police and then the small red marks on the street, remnants of bricks striking the ground at some speed.  Ah, a riot.  Oh!  Teargas!

そういえばバシリカ教会に向かう道で私たちは突然胸が苦しくなるという事態に見まわれた。車の排気ガスだろうと思っていたら次の瞬間鼻や喉、顔にまで激しい痛みを感じたので、さすがにこれはおかしいと教会の入り口近くにいた男性に「これは何?」って尋ねた。けどその男性は「いつもの事さ」というだけでそれ以外には何も言わなかった。結局教会を出てその真相が分かった。教会からすぐ下の道路には沢山の警察部隊、レンガの痕。なるほどね、答えはデモでした。あっ!て事は催涙ガスだったのね。了解です・・・

As we walked back along the street where the riot had passed, it felt much like a city street after a rain–everyone slowly making their way out into the street, resuming life as normal.

デモがあった場所から少し離れると、町は何もなかったかのようにいつもの活気に溢れていた。

Iglesia de San Augustin /サン・アグスチン教会

Plaza Grande (Plaza de la Independencia) / グランデ広場(独立広場)

Siblings at play.  Something we’ve seen quite often in Quito.

仲良く遊ぶ兄弟くん。かわいい。キトではよく見る光景だった。

Monasterio Carmen Alto / モナステリオ・カルメン・アルト

El Panecillo (as taken from our hostel) / エル・パネシヨ(ホステルの屋上から撮影)

La Compania (as shot from our hostel next to San Francisco)/ラ・コンパニア(同じくホステルから撮影)

Quito, despite being the second largest city in Ecuador and the capital, has a laid-back charm.  No one (not even the bus drivers, believe it or not) seems to be in a hurry, making for a very relaxing and enjoyable environment.  Many of the people staying in our hostel have been here for months, making and selling wares or performing to make ends meet.  I can understand the draw.

キトはエクアドルで2番目に大きな都市(1番はグアヤキル)であり、また首都というだけに大都会だったが、そう思わせないゆったりと寛いだ雰囲気があった。1週間の滞在予定だったが、居心地が良過ぎてついつい2週間近くをここで過ごした。泊まっていたホステルの宿泊者の多くは我々よりもっと長く、数ヶ月をここキトでまた同じホステルで過ごしており、アクセサリーや大道芸をやりながら生活していた。このキトという場所も良かったけど、それよりもこのホステルで会った人達との「出会い」が何よりの宝物となった事は間違いない。みんな元気にしてるかな~?

1 Comment

Filed under 2010.04.29 Ecuador